トレーディングソフトを使用して株取引

今では株をするのも趣味の1つ

株取引という言葉は現代になったことでより一般市民にとって浸透性のある言葉となっている事は確かだ。それまでは企業などが自社株の売れ行きによって経営云々を左右することになる指針としても利用している、また株主が増えることによって資金援助をしてもらって、設けた分を株主へと配当するシステムとなっている。実に単純なシステムだ、どちらにしても景気がよければ株式をしている人にとってこれでもかと収入を増やす手立てとなる事は間違いない。しかし株式は恒久的に安定を保てるようなモノではない、市場の動き一つで何もかも変動してしまうこともあるからこそ、単純に首を突っ込んでいけば儲かるというモノでもない。そういった危険性を考えていない人が多いからこそ、株式を始めて失敗をしてしまったという例を何度か見たことがある。それも笑えない額で、一度に損失してしまっているというケースが非常に多く見られるので、大博打であることに間違いない。個人的には株式をやるよりかはまだ色々と物議をかもしているが、パチンコなどの遊技にお金をつぎ込んだほうが良いと思っている。もちろんこちらも健全の範囲内においてだ。ギャンブル全般、何事も引き際が肝心となっているモノで、株式もタイミングなどを見計らって行動しなければ結局のところ自分が損をすることになってしまう。経営をしている人間はもちろん株主達の期待にこたえて、純利益を挙げていかなければならない責任を負っていることだけは間違いないのだが、それでも難しいのが現状だ。

但し、ここで挙げたギャンブルと株式というものは若干性質が異なっていることを理解している人も多いだろう。もしかしたら少なからずギャンブルと株式の違いを理解していない日ともいるかもしれないので簡単に説明すると、ギャンブルと株式の大まかな違いとしては『投機』と『投資』という違いにある。具体的な参考例としてあげると、次のように説明することが出来る。

  • ギャンブルとは、勝つ人が少数であり、基本的に負けている人の数を上回ることはない
  • 株式とは、投資している人間が時に儲かり、時に損をする、どちらともの比率が上回ることはない

つまりだ、ギャンブルというものは基本的に一人遊技となっているので、お金をつぎ込んでいるときも常に一人で行っている『投機』ということになる。そうなると後は色々と運任せなところもあるが、ギャンブルをしている中でプレイしている人すべてが勝ちを獲得するというありえない奇跡はまず起きることはない。常に勝者と敗者に分かれ、絶対的に敗者の数が勝者より圧倒的に多いという事実を認識しなければならないということだ。

一方の株式においては、とある企業に投資している会社に参加している人間すべてが仲間、もっと言うと運命共同対と表現してもいいだろう。企業が利益を上れば上る毎に配当や資金投資をしている額などの違いはあるにしても、その企業に投資家として加入している人間全てが純粋な利益を獲得することが出来るようになっている。一方で企業が損失を負うことになれば株式を購入したときより額が下がってしまって、どのタイミングで売ろうか迷っているとどんどん下落してしまって結果として損をする。ただ株式においてもどのタイミングで株を売却するかが鍵となるので、やはりここでも個人の判断次第で儲かる人と損をしてしまう人とで二分されてしまうのは仕方のないことだ。

根っこの部分ではギャンブルと株式は全く異なるものとして理解している点においては問題ないが、商取引を行っている最中の勝負師ならではの勘というものはどちらも共通して備えていなければならないだろう。どんなに株式をしている人、またギャンブルに精通している人であったとしても、いつもいつも勝ち続けることが出来るような世界ではないからだ。だからこそ、リーマンショックなどといった問題が生じると1つの銀行が倒産するまで追い詰められてしまったなどの事実が浮き彫りになって来る。そう考えると株式もギャンブルと同じで引き際を見定める事が肝心になってくる。

特に現代では情報ツールがこれでもかと進化したことで、今では携帯・スマホなどで簡単に株式を始めることが出来るようになったのも魅力なのかもしれないが、単純に今は誰でも始められるからお小遣い程度の額を稼ぐことが出来たら十分だ、などと考えている人が始めると大半が失敗することになるとも言われているので注意してもらいたい。

ギャンブルでも、株式でも

ギャンブルと株式は違うと話したとしても、その根本にあるものを理解していない人からすればどっちもどっちだと見ていいだろう。事実筆者も20代になったばかりの頃は株式に対してはそんなイメージしかなかった。そして更に、ネット社会という汚染によって株式に対して更にイメージを悪化させるような記事を見かけるなどして、さらに印象を悪くしたものだ。何せ今時で言うところの『ニートが株式始めて1,000万円損をした話ww』などといったような記事が堂々と検索ラインに引っかかって出てくるほどだからだ。体験談か、あるいは創作まがいなのかはさておきとして、それでも株式というものがギャンブルと同質であると見なすには十分すぎる要素だった。

それでも、ギャンブルと株式は異なっているものなので改めて理解を広めてもらいたいところだ。ギャンブルは個人が儲けるために果てなくお金を投棄するものだが、株式については企業に関係している人間全員が利益を獲得するために投資を行っていること、この点が明らかに相違しているということを失念しないでもらいたい。

とはいっても、ギャンブルと株式のどちらにも共通していることがあるとすることを上げるのであれば、それは『状況判断力』というものに長けているかどうかだ。この能力をキチンと養っている、または鍛えているかによって成功の可否を左右することになるからだ。例えばギャンブルでも、株式においても、少ない投資で得をしているとしよう。その状態を維持することが出来る、または更に利益を延ばすことが出来る、はたまたこれからは一方的に下がっていって損をするだけなのか、どんなに少なく見積もっても道筋は三通りまでとなっている。分岐点に差し掛かった際、自分がとるべき道はどれかと選択するときには、個人で決断しなければならない。だが人間とは欲深いモノで、提示した道の中で最も考えないルートとしては損をするというものだ。

ギャンブルにしても、株式にしても始めたきっかけやしている理由というものを確認してみると、ここでもやはり共通している意見や心理状態を確認することが出来る。

  • 誰かに言われるがまま、初めて見たら面白かったからしている
  • お金が欲しいから、何とかして調達出来るように一発逆転を狙っている

他にも理由はあるかもしれないが、大半がこうしたところだろう。二つ目の理由は何とも人間の金銭欲を具現化したような、まさに理想とも言える始めるきっかけを生み出した理由としては申し分ないだろう。一方で一つ目の理由には個人としての意思は含まれておらず、第三者や情報などに興味を持って初めて見たという、あまり先を見通していない人に良く見られる。そしてこういう人達ほど、初戦からいきなり大勝ちをしてしまうなどの経験値を積んでしまう事で、のめり込んでしまう人がかなり多いのも事実だ。そうなると少しの価値でも満足することが出来ないようになってしまい、より多くの利益を獲得することができなければ勝ちとは言えないなどの、心理状態になってしまうとどうなるかは言うまでもないだろう。そうなってしまうとギャンブル特有の依存症という気に冒されてしまいがちになってしまう。だからこそ限度を、節度を守ってやらなければならないという点においては、ギャンブルも株式も似ているところといえなくもない。

このように様々な理由があるにしても自分が今おかれている状況を良しとするか、またそれ以上を狙うかを選択するかによって勝者と敗者という図式を成立することになる。ギャンブルだろうと株式だろうと、こういう時ああしておけば良かったと思う人が大多数で、こうしてと正解だったと感じる人が少数なのはどこの世界でも共通しているといえなくもない。

株式を始めようとする人にお勧め

では実際に株式を始めてみようと思っている人がいるとしよう、だが株式というものは言葉1つで簡単に始められるほど簡単なものではなく、常に世の中の動向を見続けていなければならないという拘束を受けなくてはならない。株式の取引こそ時間の制約が設けられてはいるが、情報というものは常に定期的に仕入れていなければならない。だからこそ日経新聞を取りましょう、というような勧誘をすることが出来るかもしれないが、別に筆者は日経新聞の手のモノではないのでそういう事を伸べたいわけではない。むしろしつこいくらいに電話勧誘を毎日貰っては適当にあしらっていたという過去を持っているほどだ。

株式を始めるとしたら当然パソコンといった情報ツールはキチンと用意していなければならない。そもそも現代でパソコン無くして株式を利用している人はほとんどいないだろう。パソコンがあることを前提にした話となるが、初心者でもまだある程度簡単に始めることが出来る『トレーディングソフト』というものがある。これは株式取引に利用するソフトとなっており、こちらを利用することで株式に必要な情報を収集することが出来るようになり、企業などで実際にプロのトレーダーとして活動している投資家たちと変わらぬ活動内容をしていけるのが魅力だ。

株式を始めようと考えている初心者、また個人投資家として既に活動している人が今から利用しても心強い味方となるトレーディングソフトとは、一体どのようなものなのかについてここでは具体的に説明をしていこう。

今から株はじめてみる?